ABOUT

グラフィックデザインをベースにブランディングを構築します

CONCEPT

思いを見えるカタチにする。

モノやコトが溢れかえっている現在、情報発信をしていなかったり、見せ方を間違えているがために埋もれてしまっている良い企業やサービスなどが多く存在しているのではないでしょうか。

世の中を見渡せばユニークな企業、サービス、人、アイデアなどが多く存在しているのにアウトプットの方法を間違えて、それが故に世の中とちゃんとコミニュケーションが取れておらず、間違った捉えられ方をされているのではないか。もしかしたら、存在すら気づいてもらえていないのではないか。そのような問いからグラフィックデザイナーとして依頼主の「思い」や「方向性」をちゃんとした見えるカタチにしていきたいと考えています。

Nagaoka design officeでは、企業や人などの見えずらい熱い思いやユニークネスをグラフィックデザインやブランディングで見えるようにし、世の中とのコミュニケーション問題を解決していきます。

philosophy

トータルデザイン(統一性)

単発ではデザインの力が発揮できません。デザインの依頼をするとき、webデザインはここ。チラシはここ。など単発で各々のお取引先に依頼をしがちです。このとき大元のブランドイメージが確立されていれば良いのですが、確立されてないことが多々あり、そうなると同じところが発信していることなのにバラバラなイメージで捉えられ結局はその会社は認識されずに終わります。なので統一されたイメージとを確立することが結果的にはブレない発信ができ、なおかつ企業のイメージも浸透しやすくなります。

継続性と長期性

情報発信やコンテンツ開発など、ある程度の継続性がないとブランドは確立できません。これはダメだから次はこれと、矢継ぎ早に仕掛けていくことは良いのですが、そこに統一性や継続性がなければ、ブランド開発はおろか、生活者に認識されないまま次から次へと進んで結果が出ないことは目に見えます。なので「継続」を重点においてそれを徐々に浸透させることを大事にします。また、単純な継続は飽きにつながることもあるので、そこを飽きさせないように継続させることをクライアントと一緒に考えていけたらと思います。

上向く

効果測定がなかなか難しいデザインの領域。私たちは「上向いているか」を効果と考えてプロジェクトを進行します。プロジェクトが進むと様々な障害や厳しい選択があったり、良いことも悪いことも様々なことが起こります。プロジェクトメンバーやお取り引き様など、全体の空気が上向いているかを常に考え、プロジェクトを進めていく上でプロセスも大事に考えています。ゴールの時にみんなで喜びを分かち合うそんな仕事を目指しています。

「なにをデザインするか」をちゃんと考える

デザインというと「見せる」ことばかりに思われがちですが、「そもそも何を伝えたいのか」「なぜそれを見せる必要があるのか」等根本を見つけることをNAGAOKA DESIGN OFFICEでは重要なポイントとしています。結局のところ何を伝えたいかやどのような問題を解決したいかが前提にないとデザインが機能しませんので、この部分は入念なヒアリングやコミュニケーションを通して探していきます。

WHAT WE DO

グラフィックデザイン

ロゴデザインやチラシ、DM、ポスター、Web等。制作〜印刷まで対応可能です。

ブランディング

ヒアリングからコンセプトの立案等企業の依頼内容をトータルでデザインします。

コンサルティング

デザインのご相談から今後のデザイン戦略等のコンサルティングを行います。

PROFILE

長岡拓也 Takuya Nagaoka

1984年静岡県生まれ。印刷会社、デザイン会社で営業やデザイナーの経験を経て、2014年から神奈川県相模原市を拠点にフリーランスで活動中。ブランディングを中心とした企業のトータルデザイン、CI、紙媒体、パッケージデザイン、webデザインなど手がける。

noteにて自身のデザインの考え方等をまとめています。
https://note.com/nagaoka_d

・JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)正会員
・日本タイポグラフィ年鑑2019年 入選
・日本パッケージデザイン大賞2021年 入選